第6回『ケララ 眼科のアーユルヴェーダDr.スペシャリスト!!』

[ 2013/03/22 ]

はてなブックマーク

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力により掲載しています。 
(参照:岐阜飛騨高山 AYURVEDA アーユルヴェーダ 講座のお知らせ
※佳世子さんのブログは(→コチラ

ケララで眼科のアーユルヴェーダDr. スペシャリストに会いに行きました。

すっかりブログもご無沙汰しています。
インドでは知り合いが居るので、家に招待されたり色々と忙しくしています。

昔、アーユルヴェーダスクールで お世話になったドクターと再会する事になりました。
彼は 私の3ヶ月目の 診療科のコースで 先生として教えてくれた方で、しかも 私の旦那様もその前の年に彼から特別コースで学んだそうです。
なので私達にはとてもなじみ深い親交の深いドクターです。

彼は 色んな所のアーユルヴェーダクリニックで一般の内科医師として働いていますが、その中でも 眼科に力を入れているクリニックがあるから、一度観に来ない?と薦められました。

伺った当日、そのオーナーさんを紹介され、その方からの説明によると、眼科の名医としてアーユルヴェーダ大学で講師を務める程のドクターが、ケララの首都トリヴァンドラムから週に一度一晩かけて電車で診察に来てくれるそうです。
ある一人の子供の患者さんは 何処の病院でも治療不可能と言われ 諦めていた頃、このクリニックにたどり着きました。
生まれつき視力が殆ど無かったお子さんが、ドクター ラジェッシュの目の治療を半年間続け、奇跡的に視力が 蘇ったそうなんです!
奇跡的な話は すぐさま広がり、ドクターがいらっしゃる火曜日は予約でいっぱい、凄い人が待っています。

子供は治癒力も大人より早いのですが、とにかく偶然にもそのドクターとの出会いで彼女の人生は一転したのですから、感動です!

そう
私はこの数年、老眼が酷くなって来ているので、この先またパンチャカルマでもしなきゃと思っているところでしたから、ちょうど最後に会わせてくれるとオーナーさんが特別に時間を開けてくれました。

good timing!!

20130318_433027

最後の診断が私です。

目の視力を測って、機械で私の目を覗く様に診断してもらいました。
「近眼が少しあるんじゃない?」
と言われ、ええええええーーー知らなかったとビックリ!
確かに眼科に行くのは子供のとき以来、そんな事言われた事が無かった。
眼鏡屋のお友達に乱視があるねーと言われた事はあったが、それに近いと言う事なんだが、、、、
「でも 別に困ってる感じじゃないし、目の疲れや灼熱感を取り除くのに、老眼予防としてタルパナトリートメントもいいが、半年の診療が必要だよね。それぐらいアーユルヴェーダは長いスパンで考えないと。。。。」

はーい、理解出来ます。と私はただうなずくだけだった。
先生は またそれに付け加え
私達がアーユルヴェーダを学んでいる事は承知の上で、外国人の知識の薄さについて語り始めた。
「だいたい、外国人がリゾート地のホテルやクリニックで、アーユルヴェーダトリートメントとかパンチャカルマとか詠って、1週間の治療で パンチャカルマだと信じて受けているのを聞くと、 勘違いにもほどが有るよね。そう言う金儲けビジネスをやってるインド人にも問題があるんだが、知らずに そうだと思い込んでる人達は、結局何の効果も得られずに帰国してしまう訳だよ。  私達は真剣にアーユルヴェーダを取り組んでるから、 本当の治療は時間がかかるという事を無視してアーユルヴェーダを受けて欲しくないんだ。こちらも効果を期待して取り組んでるからね~。。。 最低でも1ヶ月だし、3ヶ月、半年、1年 と言う治療が普通なんだよ。」
私は心の中で、ブラボーーーーーと叫んだ。
これぞ、本物のアーユルヴェーダ医!
素敵です。かっこいいです!!
「本当にごもっともです。世の中困った物ですよね~。」
スワミ シヴァナンダも医師としてボランティアで人を助ける事を惜しまなかったと言う話とかを思い出しました。
それを理解出来,実践している医師がどれ位、全世界にいらっしゃる事か。。。。

クリニックのオーナーさんもここで一言おっしゃいました。
Dr.ラジェッシュは、貧乏な患者さんが、「先生、治療するお金がないんです。」という最初の一言に、きちんと応えてあげています。「お金の問題は別に良いとして、君の他の問題で来てるはずでしょ。それは何か話して?」と困った人にもちゃんと治療してあげているのだそうです。

拍手!
私達は素晴らしい先生に出会えた事に満足でした。

それはそうと、私の老眼どうなるの?ということですが、
先生はまず 「ピッタを落ち着かせる薬をあげるから、毎晩寝る前に飲みなさい。酸味、塩味、辛味は少しにしなさいよ。油っぽい物もね!
タルパナは半年間やらないとすごく効果は無いけど、1週間やりたいなら、入院してね。でもパソコンも読書も禁止です。」

禁止って知ってはいても、いざ入院は勇気が要ります。
今回はパソコン無しの条件は絶対ムリだ

やっぱり、そうか、、、目はピッタ(火と水)が支配してるので、おっしゃる事は もう充分に納得です。

しかし、グリタムは薬用ギーという物で、どれも美味しい物が無い。。。
しかも、渋いのが苦手なトリフャラと混ぜるのである。

20130318_433136

おえーーー 。。。。

でも頑張って飲んでます。ピッタの乱れを取り除かなきゃね~。

それにしても、ケララは暑い! この環境が悪化させてるのは間違いない!

それでも、クールダウンの度に 毎日3回水シャワーを浴びてるんですよ。

 

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力により掲載しています。
※佳世子さんのブログは(→コチラ

関連する記事

アーカイブス

ヨーガのアーサナやアーユルヴェーダの理論と料理をじっくり学べるプログラム

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

アーユルヴェーダ基礎入門コース&食事療法が学べるコースが飛騨高山で開催 4/19~4/20の2日間

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

第7回『アグニ(消化の火)』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

ケララ州が医療観光の中心地へ

インドでアーユルヴェーダが盛んな地としてケララ州は外すことができない。この地は元々アーユルヴェーダを学びたい人の聖地のよ・・・

記事全文

第6回『ケララ 眼科のアーユルヴェーダDr.スペシャリスト!!』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 最終回 「3月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第7回「ヨガ&アーユルヴェーダinリシケシ 9日間」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第11回 「2月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第6回「冬はVATAが高まる季節」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第10 回 「1月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

アーユルヴェーダのHaana