知っていますか?正しいアーユルヴェーダ式白湯の作り方

[ 2011/03/14 ]

はてなブックマーク

最近のダイエット方法で白湯が用いられている「白湯ダイエット」が話題になっていますが、これはもともとのルーツはインドの伝統医学アーユルヴェーダにあると言われています。

water

Image by Greg Riegler Photography

一般的に言われている「白湯ダイエット」は起き抜けに、40~50℃に温めたお水(マグカップ1杯ほど)をゆっくり10分くらいかけて飲む。この簡単な方法を習慣づけて、新陳代謝を活発にし、痩せやすい体質にするというもの。ただし、飲みすぎるとむくみの原因になりやすいので、飲む量には注意。

では、正しいアーユルヴェーダ式白湯の作り方とは?

■まず、やかんかお鍋に水を入れて火にかける。
■沸騰したら、蓋を開けたままにし、火を止めずに10~15分煮立てる。(ふきこぼれや空焚きに注意)
■火を止め、カップにお湯を注ぎ50℃前後に下がるまで待つ。
一日分(約800ml)を作って、ポットなどに入れておき、食事中に一杯の白湯を飲むのがお勧め。

このようにして火にかけて沸騰させ、空気を含んだ白湯こそ、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)の3つのバランスが均等になった、正しいアーユルヴェーダ式白湯なのです。

少し時間はかかりますが、心にも体にもやさしい白湯こそ、身近なアーユルヴェーダ実践方法ではないでしょうか。

関連する記事

アーカイブス

ヨーガのアーサナやアーユルヴェーダの理論と料理をじっくり学べるプログラム

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

アーユルヴェーダ基礎入門コース&食事療法が学べるコースが飛騨高山で開催 4/19~4/20の2日間

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

第7回『アグニ(消化の火)』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

ケララ州が医療観光の中心地へ

インドでアーユルヴェーダが盛んな地としてケララ州は外すことができない。この地は元々アーユルヴェーダを学びたい人の聖地のよ・・・

記事全文

第6回『ケララ 眼科のアーユルヴェーダDr.スペシャリスト!!』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 最終回 「3月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第7回「ヨガ&アーユルヴェーダinリシケシ 9日間」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第11回 「2月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第6回「冬はVATAが高まる季節」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第10 回 「1月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

アーユルヴェーダのHaana