Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第5回 「子育て:『お母さんの食事の役割』」

[ 2012/08/10 ]

はてなブックマーク

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載しています。(参考:Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第4回 「8月の過ごし方」

親愛なるみなさま
毎日暑いですが、お元気でお過ごしですか?

夏は、強い日差しを浴びると、元気にどこまでも活動ができそうな気分になりますが、意外と体力が弱る時期でもあります。
十分に睡眠を取り、からだを休ませながら、残りの夏を快適にお過ごしくださいね。

さて、本日は子育てのお話しをしましょう。

アーユルヴェーダでは、子育てについてこんな古いことわざがあります。
― 3歳までは神様のように、3歳から16歳までは召使のように、16歳からは友人のように接しなさい。

古いことわざなので、すべてこの通り・・・とまではいかないとは思いますが、日本でも『三つ子の魂百まで』という、ことわざがあるように、どの国でも3歳までは・・・がひとつのキーポイントになっているようです。

では、『神様のように~~』とは、どういうことなのでしょうか?アーユルヴェーダでは、3歳までは基本的願望をすべてかなえてあげる様に・・・と言っています。このくらいの小さな子供の基本的願望といえば、お母さんがいつもそばにいて、自分に注目をしていてくれる・・・ということでしょうか。

たとえば、いつでも安心できる快適な環境、眠たい時には安らげる暖かなふとん、そして、お腹が空いた時には、温かく、作りたての、お母さんの手作り料理・・・これらが、いつも当たり前のようにそばにあり、満たされていることでしょうか・・・。

この様な基本的な願望がかなえられていると、この子供が大きくなった時、こころの深い所が安定して揺らぐことがない・・・と言われているのです。
この時期を不安定に過ごしてしまうと、大人になってからも、こころがどこか不安定で、何事も長続きせず、すぐにあきらめてしまう大人になってしまうそうです。誰も、自分の可愛い子供を、こころが不安定な大人に成長をさせようと思っているわけではありませんよね。

うちの子は、もう3歳の時期を過ぎてしまった、遅かった・・・。」なんて、がっかりして、あきらめないで下さい。まだまだ、子供は成長段階にいますので、これからもたくさん親の愛情が必要なのですから・・・。

お母さんの愛情がストレートに子供に伝わるものと言えば、お母さんのごはんでしょう。

人は食物のカロリーや栄養素だけで成長をしているわけではありません。
お母さんが、こころを込めて作るご飯と一緒に、お母さんの愛情も一緒にからだの中に、取り入れて行っているのです。小さな子供さんでしたら、なおさらです。
そして、お母さんの愛情をからだの中に取り込んで、自分自身の内側にある『母性』を育てていく・・・と言うのです。

『母性』には、守りはぐくむ力があります。

からだの中に摂りいれたお母さんの愛情で、自分自身の内側にある母性が育った時、自分自身の『いのち』をじぶんで守り、育んでいく力がついてくるのです。

子供の時期は、ファストフードやレトルト食品を好む傾向があります。これは、子供の年齢の時期の『』による特徴のひとつです。(※子供の年齢時期の『質』について、くわしくは次回にまた・・・。)

子供が好むから・・・といって、ファストフードに偏る食事を多く与えるのは考えものです。これでは、子供たちのからだの中に、お母さんの愛情が入っていかず、その結果、子供たちの内側の『母性』も育っていかないからです。
子供たちは、いずれ大人へと成長をして、自分自身のこころと身体を守り育むことをし、さらに次の段階に成長をしていかねばなりません。
子供時代はその礎となる大切な時期なのです。

さあ、お母さん、簡単でいいので、愛情をこめてご飯をつくってみましょうか・・・ねっ!!

*ある日のごはん(この食事で、アーユルヴェーダがお薦めする、6つの味が揃っています。)

※参考本

◆9月8日(土)
アーユルヴェーダから学ぶシンプル・ライフ

『シンプルこそ節約の基本』 全1回 13:00~
・場所 :板橋区小茂根 サイマーケット2F
*1か月の食費がひとり1万円を目標としながら、からだにやさしいアーユルヴェーディックな料理や調理方法などをご紹介いたします。

◆9月19日(水)
女性のための ゆるゆる・アーユルヴェーダ講座 全1回

・場所 : 世田谷区太子堂 三茶しゃれなあど
*女性のからだは、20代後半から30代にかけて大きく変化をしていきます。
例えば、「食べる量が同じでも、なんだか最近太ってきた」、「朝起きて、疲れが残っている」、「友人の話しについていけなくなった」などなど・・・。

この講座では、アーユルヴェーダから学ぶ、シンプルな生活方法を学んでいきます。このような症状を、ゆるゆるなアーユルヴェーダ生活で、らくらくと解決していきましょう。

※受講料・時間・場所など詳細はこちら

●申し込み・問い合わせ
【E-meil】mailto:berry-ayurveda@kdn.biglobe.ne.jp

アーユルヴェーダの知識が、みなさまのこころと身体の健康に役立ちますように・・・。

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載しています。

関連する記事

アーカイブス

ヨーガのアーサナやアーユルヴェーダの理論と料理をじっくり学べるプログラム

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

アーユルヴェーダ基礎入門コース&食事療法が学べるコースが飛騨高山で開催 4/19~4/20の2日間

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

第7回『アグニ(消化の火)』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

ケララ州が医療観光の中心地へ

インドでアーユルヴェーダが盛んな地としてケララ州は外すことができない。この地は元々アーユルヴェーダを学びたい人の聖地のよ・・・

記事全文

第6回『ケララ 眼科のアーユルヴェーダDr.スペシャリスト!!』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 最終回 「3月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第7回「ヨガ&アーユルヴェーダinリシケシ 9日間」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第11回 「2月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第6回「冬はVATAが高まる季節」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第10 回 「1月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

アーユルヴェーダのHaana