【mayumiさんのコラム】第8回 『一番初めに知るべきこと』

[ 2011/07/26 ]

はてなブックマーク

※当記事はインド・ケーララ州のリゾートスポットであるコヴァラムビーチ在住、アーユルヴェーディックライフ・コンサルタントmayumiさんのご協力のもと掲載しています。
(参考:第7回『アンチエージング ナヴァラキリ』アーユルヴェーダ病院リポート④


ayurveda

Image by Kerala Tourism

アーユルヴェーダは「心身ともに健康に、若々しさをいつまでも保ち、幸せに生きるための智恵」です。アーユルヴェーダの教えに共感し、生活に取り入れようとする方がまず実践しようとすることは、多くの場合「(注1)ドーシャ別のケア」だと思います。

いわゆる(注2)VATA(ヴァータ)、PITTA(ピッタ)、KAPHA(カファ)、という体質を知り、バランスを整えましょう、ということにばかり注目しがちです。それももちろん大切なことですが、その前に「アーユルヴェーダの基本中の基本」アーユルヴェーダのみならず「健康のための基本」を忘れてしまっては、せっかくのケアも効果がでません。今回はその辺りのお話を。

アーユルヴェーダは「食」を大切にします。なので「アハールニヤマ」といって食べることに関するルールがたくさんあるのですが、そのルールはさておいても、知っておいていただきたいのは「食べ過ぎがいけない!」ということ。

当たり前じゃん、と笑うかもしれませんが。ではあなたにとっての食べ過ぎってどのくらいのこと?あなたとあなたのお友達の適量は違いますよ。その人の代謝、消化力、運動量などによって摂取してよいカロリーは違います。

食べ過ぎた分は「アーマ」となります。アーマとは未消化物。毒素ですが、毒素=未消化物ではありません。が、今はややこしく考えず、とにかくアーマは毒なのです。

アーマは粘着性のある、重くネバネバしたもので、全ての細胞やドーシャを覆ってしまいます。その状態でいくら良いものを食べたり飲んだりしても、それはアーマの栄養となり、アーマを育ててしまうのです。なのでまずはアーマを溶かして体外に排出しなくてはいけません。そのための方法は「断食」です。

アーユルヴェーダには「アーマパーチャナ」といって、お湯とスパイスで断食をする方法がありますが、体質によって適した頻度、期間などの違いや、またVATA体質の人は増悪させてしまう場合もあるので注意が必要です。

アーマを溶かしてから薬を摂ります。それにより薬が効くのです。なるべくアーマを溜めないこと!それには「食べすぎないこと!」

それでも生きていればアーマは少なからず蓄積されます。そんな毒素を一気に排出するのが「パンチャカルマ」です。

一度「パンチャカルマ」を体験されると、自分の絶好調の状態を知ることができますよ。こちらのアーユルヴェーダクリニックやホスピタルでは、あなたの状態に合わせた方法でパンチャカルマを受けることができます。ちゃんとした効果を出すためには14日以上受けるのが理想です。

できれば2年に一度くらい、せめて一生に一度、ご体験されてはいかがでしょうか?

mayumi

(注1)ドーシャ:生命活動を担うエネルギー、
(注2)ヴァータ=運動のエネルギー、ピッタ=変換のエネルギー、 カファ=結合のエネルギー

【プロフィール】

アーユルヴェーダ式シアワセ案内人 mayumi

南インド・ケーララ州コーヴァラム在住。30代の終わりに自らの不調をアーユルヴェーダ式生活によって克服。以来、アーユルヴェーダを追求、ついに発祥の地ケーララに移住。アーユルヴェーダ式ヘルシー&ビューティの極意、そしてシアワセな人生を皆様にガイドします。

ウェブサイト「arinomama

<経歴>
2007.7 日本エステティック認定エステティシャン
2007.10 サハスラーラ アーユルヴェーダトリートメント セラピストトレーニングコース(Basic)修了
2008~ インド料理店スタッフ
2009~ 北インド・リシケーシュのアシュラムにて修行。
帰国後は日本でヨーガの指導をさせていただき、その後アシュラムの日本人スタッフとして再度渡印。その頃旅行で訪れたコーヴァラムにインスパイアされ現在に至る。
※当記事はインド・ケーララ州のリゾートスポットであるコヴァラムビーチ在住、アーユルヴェーディックライフ・コンサルタントmayumiさんのご協力のもと掲載しています。

関連する記事

アーカイブス

ヨーガのアーサナやアーユルヴェーダの理論と料理をじっくり学べるプログラム

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

アーユルヴェーダ基礎入門コース&食事療法が学べるコースが飛騨高山で開催 4/19~4/20の2日間

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

第7回『アグニ(消化の火)』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

ケララ州が医療観光の中心地へ

インドでアーユルヴェーダが盛んな地としてケララ州は外すことができない。この地は元々アーユルヴェーダを学びたい人の聖地のよ・・・

記事全文

第6回『ケララ 眼科のアーユルヴェーダDr.スペシャリスト!!』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 最終回 「3月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第7回「ヨガ&アーユルヴェーダinリシケシ 9日間」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第11回 「2月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第6回「冬はVATAが高まる季節」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第10 回 「1月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

アーユルヴェーダのHaana