【mayumiさんのコラム】第6回『脳のトリートメント シローダーラ』アーユルヴェーダ病院リポート③

[ 2011/06/22 ]

はてなブックマーク

※当記事はインド・ケーララ州のリゾートスポットであるコヴァラムビーチ在住、mayumiさんのご協力のもと掲載しています。
(参考:【mayumiさんのコラム】第5回 『アーユルヴェーダ病院で治療をうけるインド人』アーユルヴェーダ病院リポート②

Shirodhara

Image by Kerala Tourism

皆さん、こんにちは。退院後、体調キープのために規則正しい生活を心がけているmayumiです。

今回のコラムでは、実際に私が病院で受けたトリートメントについて少し具体的なお話をさせていただきます。

アーユルヴェーダと出会った方が初めに興味を持たれるのは恐らく「ヴァータ」「ピッタ」「カファ」という3つの体質(実際は性質)についてだと思います。誰もがこの3つの性質を持っており、そのバランスによって体質の特徴が出ます。この3つの性質(トリ・ドーシャ)については、また別の機会にお話ししたいと思いますが(でないと、いつまでたってもトリートメントの話にたどりつけなくなってしまう。笑)アーユルヴェーダの治療は常にこのドーシャのバランスに基づいています。

私の体の不調はヴァータの増加によるものでした。不眠や便秘、肌の乾燥などは典型的なヴァータ増加の症状なのです。

ドクターは私に対して体質診断さえしようとしなかったので「トリートメントを始める前にプラクリティ(体質)の診断はしないんですか?」と訊いたところ、「だってあなたはヴァータよ。症状もそうだし、見た目もヴァータそのものなの。ヴァータが多くて、その次にピッタ、カファはほんの少しよ」と。

以前パンチャカルマを受けた時の診断も『ヴァータピッタ』。カファは少しとのことだったので、まんま、その通りということです。なのでトリートメントはヴァータを減らす、落ち着かせるものをということになります。

ドクターが私にとっての必須トリートメントとして勧めたのが『シローダーラ』です。アーユルヴェーダといえば「あー知ってる!おでこにオイルを垂らすやつでしょ?」と言う人の多い、そうです、それがシローダーラです。

シローダーラは『脳のマッサージ』と言われ、不眠、精神疾患、精神疲労、また、脳を酷使する方やストレスの多い方を癒すトリートメントです。
シローダーラというのは『ダーラ(DHARA)』と呼ばれる治療法の中の一つで、『ポットから最初から最後まで同じ量のメディカルリキッドを垂らす』それが『ダーラ』。そのダーラの中で頭へのアプローチのものがシローダーラです。

ダーラには他にも色々な種類があります。オイルではなく、バターミルクやミルク、煎じ薬を垂らすもの、又、頭ではなく全身、体の一部だけ、目、または傷に対して行うものも全てダーラです。そしてダーラで大切なのは(ダーラだけでなくアーユルヴェーダトリートメント全般に言えることですが)その薬のクオリティです。

オイル、その他のメディカルリキッドはその薬を体内に届けるための媒体に過ぎず、体質合った、あるいはアンバランスなドーシャをバランスするための薬を使うことがとても大切です。なのでオイルでもヴァータ用、ピッタ用・・とたくさんの種類があるのです。

『シローダーラ』が特に効果的なトリートメントとして行われるのは「頭」は五感の器官がある場所として身体への影響が大きい場所とされるからでしょう。
アーユルヴェーダの言葉の中には「頭は体にとって根っこであり、その他の部分は枝葉にすぎない」という言葉があるほどです。

その効果は・・・

●脳の組織の若返り。
●記憶力の向上、痴呆の予防。
●不眠症の改善。
●心身の緊張、不安の軽減。
●頭痛の改善。
●心身のバランスを維持する。

・・・など、心身の不調の治療としてとても高い効果があります。7日間連続で受けるのが理想的なのだそうです。

そしてアーユルヴェーダにはトリートメント後の禁忌事項があります。日本のサロンでもセラピストさんが「トリートメント後は○○してくださいね、○○しないでくださいね」と言われると思いますがそれはなるべく守りましょう。薬効が体内で働くのを邪魔してはもったいないです。例えば「トリートメント後のお食事は軽く」というのも「せっかく薬やマッサージの効果で体内の各細胞、器官が回復をしようとエネルギーを使っている時に、重い食事をとったら消化のほうにエネルギーがいってしまうよー」ということなのです。

さてさて理想どおり7日間連続で『シローダーラ』を受けた私の効果はいかに?

私の睡眠の不安定さはなかなか頑固でして・・自慢になりませんが7、8年前に本物の不眠症をやってます。なので正直7日間のトリートメントで毎日ぐっすり眠れるようになった、と言ったら嘘になってしまいますが(どうでもいいようなことに脳を使いすぎなのかしら?笑)でも入院中はぐっすり昼寝をしたり(←本当は昼寝はよくありません)夜もわりと寝てましたね。トリートメント最中は8割くらい寝てました。

そして退院後の現在ですが、この一週間で寝付けなかったことはなく、朝方早く起きすぎてしまったことが2度くらいで、夜中に目が覚めることもあまりなくなりました。夜更かししないなど努力もしてますけどね。でもかなり楽になったことは確かです。お仕事をバリバリされて精神的に、あるいは頭や目がお疲れの方が週末にシロダーラを受けたりするとかなりリフレッシュと癒しになると思いますよ。

次回は初体験にて素晴らしい効果のあった『ナヴァラキリ』についてお話したいと思います。お楽しみに。

mayumi

■mayumiさんのブログでディープなアーユルベーディックライフをチェック!

※あなたも本格的な医学としてのアーユルヴェーダをケララで体験してみませんか?詳しくは、arinomamatours@gmail.comまで!

関連する記事

アーカイブス

ヨーガのアーサナやアーユルヴェーダの理論と料理をじっくり学べるプログラム

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

アーユルヴェーダ基礎入門コース&食事療法が学べるコースが飛騨高山で開催 4/19~4/20の2日間

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

第7回『アグニ(消化の火)』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

ケララ州が医療観光の中心地へ

インドでアーユルヴェーダが盛んな地としてケララ州は外すことができない。この地は元々アーユルヴェーダを学びたい人の聖地のよ・・・

記事全文

第6回『ケララ 眼科のアーユルヴェーダDr.スペシャリスト!!』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 最終回 「3月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第7回「ヨガ&アーユルヴェーダinリシケシ 9日間」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第11回 「2月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第6回「冬はVATAが高まる季節」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第10 回 「1月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

アーユルヴェーダのHaana