【mayumiさんのコラム】第5回 『アーユルヴェーダ病院で治療をうけるインド人』アーユルヴェーダ病院リポート②

[ 2011/06/17 ]

はてなブックマーク

※当記事はインド・ケーララ州のリゾートスポットであるコヴァラムビーチ在住、mayumiさんのご協力のもと掲載しています。
(参考:【mayumiさんのコラム】第4回『ついに入院?』アーユルヴェーダ病院リポート①

薬草

みなさん、こんにちは。アーユルヴェーダトリートメントを受け、パワーがみなぎっているような気がしているmayumiです。

前回のコラムでは日本人である私がローカルの病院に入院した感想をお話させていただきましたが、なんだか愚痴が長くなり、もう少しご説明したかった病院の現状のお話にたどり着けませんでした。なので今回は「ローカルのインド人はどのようにアーユルヴェーダ病院を利用するのか」についてお話させていただきたいと思います。

私が受けたトリートメントの具体的なお話は次回までお待ちくださいませ。

日本もそうですが、病院はいつも混んでますよね。世の中こんなに病人がいるのかと病院にいく度に驚きます。インドのアーユルヴェーダ病院も例外ではなく、私の見る限りではいつも受付の前で何人かが待っている状態でした。

私達にとって病院の治療といえば、診察をしすぐに効く薬を処方され、それが完治するまで、あるいは痛みを止めるために薬を服用する。もしくは必要ならば入院をし手術、という認識です。ですが「オイルトリートメント」「薬草の内服薬」(独特な手法による手術もある)が主な治療法であり、今すぐに痛みを止める、というような治療ではないアーユルヴェーダをインド人はどのように利用するのだろう、というのは私にとって興味深いところでした。
annai

私の隣の病室の患者さんは移動には車椅子を使わなければならず、ご家族がずっと付き添われていました。向かいの病室はお歳を召された女性でした。いつも目が合うと何かを手話するように話しかけてくれました(私が外国人だから言葉が通じないと思い、手話になっていたようです(笑))お嬢さんやご主人がやはり時々お世話をしにきていました。反対隣の400ルピーのお部屋は2ヶ月の赤ちゃんのママでした。いつも義理のお母さんが赤ちゃんの面倒を見に来ていました。私の周りを見る限りでは、トリートメント受けながらパソコンばかりしているような呑気な患者は私くらいなものでしたね。

ドクターにここの患者さんたちはどのような病気で入院しているのか、と訊いてみました。
色々な病気の患者さんがいるけれど、主なものとしては関節痛、首・背中・腰の痛み、糖尿病などがあげられるようです。治療法はいずれもその症状に対応する薬草と手法によるオイルマッサージ、薬草の内服薬です。

オイルマッサージ浄化、排出の目的のものと滋養の目的のものがあり、内服薬は私達がイメージするような、痛みやその症状をブロックするというよりは、消化を促したり、内臓の働きを促したり、神経を癒したりすることで、自己治癒力を高めることに目的をおいています。

入院期間は通常1週間から1ヶ月半くらいですが、もっと長い入院期間が必要な患者さんの場合でも、経済的な理由でままならないというのが現状だそうです。
また逆に経済的に余裕のある人は若返り(rejuvenation)のためのトリートメントを受けにくるそうです。パンチャカルマもその一つです。2週間から1ヶ月くらいかけて身体の浄化を行います。インドにいてもやはり経済的に余裕がないとアーユルヴェーダ三昧はできないんですね~。

ちなみに今回の私の1週間の入院費用は以下の通りです。何かのご参考になれば。
(単位はルピーです)

*ナヴァラキリ @1,300×7days            9,100
*シローダーラ(7days)@6,800             6,800
*Additional Treatments done                610
*ルーム @80×7days                         560
*食事                      765
合計    17,835 ルピー

今日英語の先生に「いくらだった?」と訊かれ、この金額を言ったら「悪くないね~」とのことだったので、一般市民価格なのだと思います。

次回は「アーユルヴェーダといえば」のシローダーラのお話です。
お楽しみに。

mayumi

■mayumiさんのブログでディープなアーユルベーディックライフをチェック!

※あなたも本格的な医学としてのアーユルヴェーダをケララで体験してみませんか?詳しくは、arinomamatours@gmail.comまで!

関連する記事

アーカイブス

ヨーガのアーサナやアーユルヴェーダの理論と料理をじっくり学べるプログラム

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

アーユルヴェーダ基礎入門コース&食事療法が学べるコースが飛騨高山で開催 4/19~4/20の2日間

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

第7回『アグニ(消化の火)』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

ケララ州が医療観光の中心地へ

インドでアーユルヴェーダが盛んな地としてケララ州は外すことができない。この地は元々アーユルヴェーダを学びたい人の聖地のよ・・・

記事全文

第6回『ケララ 眼科のアーユルヴェーダDr.スペシャリスト!!』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 最終回 「3月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第7回「ヨガ&アーユルヴェーダinリシケシ 9日間」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第11回 「2月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第6回「冬はVATAが高まる季節」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第10 回 「1月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

アーユルヴェーダのHaana