【mayumiさんのコラム】第3回『アーユルヴェーダの処方②』

[ 2011/06/03 ]

はてなブックマーク

※当記事はインド・ケーララ州のリゾートスポットであるコヴァラムビーチ在住、mayumiさんのご協力のもと掲載しています。
(参考:【mayumiさんのコラム】第2回『布で健康に』アーユルヴェーダの知恵を染色に活かす)

病院1

こんなにすぐにパート②を書く予定ではなかったのですが、お恥ずかしい話、トリートメントのための空き部屋待ちをしている間に本格的に体調を崩しました。きっとこれも学びのチャンスを神様が与えてくださったのでしょう。(すべてはポジティブに(^^))この我が身を削っての学びを皆様とシェアしたいと思います。そう、そのための我が身です。(たまにはカッコつけさせてください。ここから先かなりカッコ悪いので。)

今回私の身に何が起きたかというと、恐らく「パニック発作」の第一回目だと思います。第一回目なんて言わず、もう二度と経験したくありませんが、調べたところによると7割がた1週間以内に第二回目を経験するとのこと。

症状を簡単に説明すると、突然の不安感、呼吸困難、非現実感・・・正常なときには想像できない恐怖感、心身の状態になりますが、10~20分すると正常な状態に戻ります。私の場合はその日風邪のために発熱していて、自分の身体のコントロールもままならず、なのに異国で一人きり、という不安感がパニック発作の引き金になったのではないかと思われます。翌日には生理も予定より早くきたのでホルモンバランスも関係していたかもしれません。

理由はなんであれ放っておける状態ではないので、翌日ドクターに電話をし、すぐに再来院の運びとなったわけです。ドクターとの問診では前日のパニック発作のこと、それとたまに感じる膀胱炎のような嫌な感じがあることを話しました。いや~ホントにカッコ悪いですね。

パニックに関しては、「そのような時はとにかく深い呼吸をしなさい。」、とのことでした。私の応急処置は間違っていなかった(^^)(プチ自慢)これは精神的な問題なのか、と訊くと精神的なことが原因なのではなく、身体が弱っていることから起こる問題とのこと。「あなたはとても細いし(日本人の中では“普通”ですが)肌つやも悪いでしょ?(が~~ん・・・)あなたにはナヴァラキリのような身体に滋養を与えるトリートメントが一番効果があるのよ、もっと身体を強くしなくてはね。」とおっしゃいました。

ドクターは私の年齢を二度ほど確認されたので、恐らく年齢というものも身体に与える影響は大きいのでしょう。
膀胱炎に関しては「水をちゃんと飲んでいる?ここは暑いし一日グラス20杯は水を飲まなくてはダメよ。あなたの肌を見る限り水が全然足りてないわね。」と。(再びが~~ん・・)

それとよく言われることですが、やはり膀胱炎には「水」なんですね。そして水をたくさんとれば肌にもつやが蘇るとのこと。水、飲まねば!!そして今回もこの二つの症状に対してお薬を処方されました。

薬

ここで前回のコラムに少し訂正です。前回アーユルヴェーダの薬はメディカルパウダーか錠剤かオイル、と申し上げましたが、内服液がありました。訂正してお詫びいたします。

○BRUHATHAYADI KASHAYAM (KASHAYAMというのは煎じ液の総称です)
こちらは朝夕の食前にお湯割りで飲みます。20mlの薬に40mlのお湯です。
○ASWAGANDHARISHTOM
こちらは朝夕の食後にストレートで30mlです。何かのカクテルのような味でとても美味しいので、毎回もう一杯いきたくなります。

どちらがどちらに効くのか忘れてしまいましたが、とりあえずどちらも今の私には必要なので、ま、いっか(^_^;)ということで。

一週間後にドクターに電話をし(生理が終わらないとトリートメントは受けられないので)部屋が空いていれば7日間のトリートメントを開始します。
トリートメントの効果などについてはまた後日ご報告させていただきます。

mayumi

■mayumiさんのブログでディープなアーユルベーディックライフをチェック!

※あなたも本格的な医学としてのアーユルヴェーダをケララで体験してみませんか?詳しくは、arinomamatours@gmail.comまで!

関連する記事

アーカイブス

ヨーガのアーサナやアーユルヴェーダの理論と料理をじっくり学べるプログラム

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

アーユルヴェーダ基礎入門コース&食事療法が学べるコースが飛騨高山で開催 4/19~4/20の2日間

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

第7回『アグニ(消化の火)』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

ケララ州が医療観光の中心地へ

インドでアーユルヴェーダが盛んな地としてケララ州は外すことができない。この地は元々アーユルヴェーダを学びたい人の聖地のよ・・・

記事全文

第6回『ケララ 眼科のアーユルヴェーダDr.スペシャリスト!!』

※当記事は毎年冬から春にかけて、インドでアーユルヴェーダとヨガの活動をしておられるKayoko Thomasさんのご協力・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 最終回 「3月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第7回「ヨガ&アーユルヴェーダinリシケシ 9日間」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第11回 「2月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

Auspicious~Yoga &Ayurveda~主宰 Maoさんのコラム 第6回「冬はVATAが高まる季節」

※当記事はヨガ留学の通訳やヨガイベントの企画など、世界各国で日本人のヨガトレーニングをサポートしている「Auspicio・・・

記事全文

Berry Moon代表 櫻井さんのコラム 第10 回 「1月の過ごし方」

※当記事はアーユルヴェーダの講座や料理教室を主催する「Berry Moon」の代表、櫻井真実 さんのご協力により掲載して・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

アーユルヴェーダのHaana